東京都大田区の鍼灸・マッサージ・整骨・整体・カイロプラクティック | 大森駅前治療院

大森駅前治療院

  • お電話でのお問い合わせは
  • TEL03-3768-3033
  • 東京都品川区南大井3-33-2
  • サイトマップ

潰瘍性大腸炎

症状軽減、免疫向上を目指しましょう

潰瘍性大腸炎とは

主に大腸粘膜を侵し、びらん・潰瘍を形成する原因不明の慢性炎症性腸疾患です。寛解と増悪を繰り返し完全治癒を得られない疾患です。 男女差はなく、有病率は10万人に対して約60人で近年毎年10%程度増加しています。 最近は30~60歳代で発病する患者も増加しています。 診断から10年で2%、20年で8%、30年で18%に大腸がん合併が認められます。

潰瘍性大腸炎の主な症状

  • 腹痛
  • 血性下痢
  • 粘血便
  • しぶり腹
  • 腹痛
  • 発熱
  • 体重減少
  • 貧血

潰瘍性大腸炎の鍼灸治療

免疫と自律神経は密接な関係で成り立っています。局所的な治療と全身治療による自律神経の調節が必要となります。

局所治療
交感神経を利用し内臓にアプローチ
全身治療
全身の交感神経機能の緊張を解く
TOPへ戻る