東京都大田区の鍼灸・マッサージ・整骨・整体・カイロプラクティック | 大森駅前治療院

大森駅前治療院

  • お電話でのお問い合わせは
  • TEL03-3768-3033
  • 東京都品川区南大井3-33-2
  • サイトマップ

腱板炎

痛みのでている部分だけでなく肩甲骨の動きをスムーズ

腱板炎とは

腱板炎イメージ

腱板(ローテーターカフ)が炎症を起こしたものです。腱板とは肩の筋肉で、棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の4つの腱を指します。これらの筋肉は肩の深いところにある筋肉で肩関節の多彩な動きを可能にしています。腱板は肩の使いすぎ、たとえば野球やゴルフ、水泳などのスポーツによって炎症を起こすことが多いです。

腱板炎の症状

五十肩と似た症状ですが、五十肩の場合、原因がはっきりしないのに対し、腱板炎は腱板の炎症、または断裂が疑われるものをいいます。筋肉の損傷ですので損傷している筋肉に力が入ると痛みが出ます。五十肩は他人に動かしてもらっても痛みは変わりませんが、腱板炎の場合は関節自体に問題があるわけではないので、力を抜いた状態で他人に動かしてもらった場合、痛みはありません。腱板炎はケガですので急性期には安静と可動域制限(固定)も考慮しなければいけません。

腱板炎の鍼灸治療

腱板炎治療イメージ

急性期の場合は、固定やアイシングなどケガの基本的な処置が必要となることがあります。極端に大きな負荷がかかった場合は腱板の完全断裂も疑われるので、専門医の精査が必要となります。鍼灸の適応となるのは不全断裂となります。慢性期に以降した際には、機能回復治療として鍼灸治療が選択肢の一つとなります。

局所治療
肩の前側の痛みなので、関連している太陰経の経絡を使います。特に肺経の孔最と呼ばれるツボに圧痛が出やすいので、そこを刺激して痛みの軽減をはかります。また上腕二頭筋の緊張を緩め、腱の摩擦を軽減し炎症を抑えていきます。急性期にはアイシングや患部の安静が必要になります。
全身治療
全身的な治療としては、回復しやすい環境を作り出すことを目的とします。炎症を抑える ツボを刺激したり、肩の負担が軽くなるようにバランスを整えていきます。 東洋医学的には筋肉の問題は肝に関係しているといわれています。肝が損なわれると、筋に引きつれが起こりやすいとされています。上記のことから、全身を治療して肝の機能を上げることにより治癒力を高めていきます。

腱板炎の主なツボ

京門(けいもん)胃腸の症状、腰痛。腎の疲れがあるとき圧痛がある。
帯脈腰痛。
陰陵泉消化器の症状、婦人科の症状、膝の痛み。
陽輔(ようほ)ストレス、お酒の飲み過ぎ、偏頭痛、脚の外側の痛みに有効。
合谷顔の症状、目の症状、全身の気を調節するときも使用します。他に貧血を回復させる返し鍼に使われる。
手三里胃腸、上肢、目の症状、テニス肘。肩こり、寝違えを和らげる。鼻炎や蓄膿症などの鼻症状、皮膚症状、便秘の緩和。
陰陵泉、陽輔 京門、帯脈
TOPへ戻る