東京都大田区の鍼灸・マッサージ・整骨・整体・カイロプラクティック | 大森駅前治療院

大森駅前治療院

  • お電話でのお問い合わせは
  • TEL03-3768-3033
  • 東京都品川区南大井3-33-2
  • サイトマップ

滑液包炎

転倒などの心あたりのない関節の腫れほうっておくと関節が壊れてしまいます

滑液包炎とは

関節に炎症が起こり関節を包んでいる滑液包が腫脹、炎症をおこします。

滑液包炎の症状

滑液包の中には少量の滑液が含まれていて、摩擦を軽減する役割を果たしています。無理な力が加わったり使い過ぎによって滑膜が刺激されて炎症が起こり、滑液が増加して滑液包が腫脹し圧痛・自発痛を伴います。慢性化すると滑膜が肥厚するので、軟らかい弾性力のある腫瘤を触れます。慢性化すると熱感、発赤がつよく、全身性に発熱がみられることもあります。スポーツ、日常生活などでの繰り返しの刺激で起こります。外傷、痛風、関節リウマチ、感染症などが原因でも起こります。肩が最も起こりやすい部位ですが、肘、股関節、骨盤、膝などにもみられます。一般的によく言われる「膝の水を抜く」というのがこれにあたります。

滑液包炎の鍼灸治療

局所治療
病変部位の組織への治療をします。鍼灸治療によって、局部の血管が拡張し、十分に血液が供給される状態で、増加した免疫細胞が筋付着部や靱帯の炎症を消去することを目的とします。また、病変部位の上を通過する経絡上のツボを遠隔的に使用し病変部の改善をします。急性期や炎症がつよいときには、アイシング、安静、固定などの処置が必要となります。
全身治療
全身的な治療としては、回復しやすい環境を作り出すことを目的とします。炎症を抑えるツボを刺激したり、病変部位の負担が軽くなるようにバランスを整えていきます。本症状は筋肉と骨が関与することから、肝と腎に関係が深い疾患といえます。よって全身を治療して肝、腎の機能を上げることにより治癒力を高めていきます。

滑液包炎の主なツボ

陰谷(いんこく)生殖器系の問題。腎を補うためのツボ。
曲泉膝の痛み、生殖器系の症状など。
手三里胃腸、上肢、目の症状、テニス肘。肩こり、寝違えを和らげる。鼻炎や蓄膿症などの鼻症状、皮膚症状、便秘の緩和。
大椎発熱、かぜの症状、背中のこりなど。熱の気の調節を行うツボ。
照海(しょうかい)喉の渇き、不眠。
百会自律神経症状、頭痛、耳鳴、めまいなど。気が頭に上ることにより起こる頭痛には特に有効。
膈兪胃腸の症状、背中の痛み。
肝兪目の充血、眼精疲労、めまい、イライラ、飲み過ぎ。
腎兪腰足の重さ、腰痛、泌尿器の症状、むくみ、耳の症状、足の冷え。
志室腰の痛み。腎の症状。
委中腰足の痛み、ギックリ腰の時にも有効です。足のむくみ、背骨の際、頭部の痛みやこりにも有効。
合谷顔の症状、目の症状、全身の気を調節するときも使用します。他に貧血を回復させる返し鍼に使われる。
石門胃腸の症状、泌尿器の症状、生殖器の症状。
足三里胃腸の症状、めまい、むくみ。疲労回復に有効。
百会、石門手三里、合谷、
大椎、膈兪、肝兪、腎兪
TOPへ戻る