東京都大田区の鍼灸・マッサージ・整骨・整体・カイロプラクティック | 大森駅前治療院

大森駅前治療院

  • お電話でのお問い合わせは
  • TEL03-3768-3033
  • 東京都品川区南大井3-33-2
  • サイトマップ

更年期障害

原因不明の症状を解消しましょう

更年期障害とは

更年期とは、生殖期(性成熟期)から閉経期を経て非生殖期(老年期)に移行する中間の時期を言い、この時期には性機能の減退を伴って卵巣の性ホルモン(エストロゲン)がゆっくり減少する為、子宮などの内性器は萎縮し始め、月経周期は不規則になってきます。 産科的立場や遺伝的立場が不利になった年齢で排卵が無くなります。 主に自律神経系の失調によると考えられる精神的あるいは肉体的に現れるものを更年期障害と言います。 日本人の平均的閉経は45歳~55歳ですが、30代から女性ホルモンバランスを崩して起こる若年性更年期障害も近年増えています。 また、男性更年期障害は男性ホルモン40代以降の男性(テストステロン)の減少によって起こります。

更年期障害の原因

更年期障害イメージ

卵巣機能の低下、脱落が主な原因と考えられていましたが、それが全てではなく、本症の本態は、卵巣を中心とした各内分泌臓器の老化現象に伴って起こる性機能系並びに各内分泌系の失調に原因があり、全身的な自律神経系の失調と考えられています。 卵巣機能の低下が起こると、一部の方は適応できず、今まで平衡を保っていたものがゆらぎ、様々な全身的障害を呈します。 しかも更年期においては、卵巣以外の内分泌腺にも老化が始まり、その上精神的ストレスも重なる時期でもあるから病像もたようになります。

更年期障害の症状

更年期障害イメージ

更年期の生理的過程と病的な更年期障害との区別は必ずしも明瞭ではないが、この時期に初めて現れた症状や悪化したものを更年期障害としており、年齢的には45~50歳で平均47歳頃です。

身体症状
動悸、息切れ、めまい、耳鳴り、のぼせ、ほてり、微熱、冷え症、頭痛、肩こり、手足の痺れ、過食、便秘
精神症状
不眠症、不安感、イライラ、うつ

更年期障害の症状の鍼灸治療

更年期障害治療イメージ

更年期障害は、鍼の適応疾患で、WHO(世界保健機構)は鍼灸治療が婦人科疾患に対して有効なことを認めています。鍼灸の更年期障害治療では、全身治療が基本になります。

ホルモンバランスの崩れが、自律神経症状を引き起こすので、自律神経を整える治療とそれに伴うさまざまな症状のケアをします。
東洋医学では、肝、腎、そして体の正中を通る経絡(気の流れ)である任脈を重視します。熱バランスの改善のために、肝火を抑え、熱を降ろし、腎気を補う治療で熱を冷まします。

また、任脈は婦人科によく効くツボが並んでいるので、女性ホルモンのバランスを整えるために使います。 更年期は女性の誰もが経験し、症状の軽減は人によって様々です。鍼灸治療を受けることによって女性ホルモンのバランスが整い、症状を落ち着かせて仕事や家事など生活しやすい体で過ごせるようになります。

更年期障害の症状の東洋医学的見解

中国の古典「素問」の記載によると、女性は7の倍数で体が変化していきます。

  • 14歳 天葵(テンキ)至り、太衝の脈盛んになり、月経が始まる。
  • 35歳 手足陽明脈が衰え、顔色つやが悪くなり、髪が抜け始める。
  • 49歳 任脈空虚になり、太衝の脈衰え月経停止し、再び子供を作ることができない。

東洋医学では、肝と腎の不調和、そして天葵(てんき)という妊娠に関わるエネルギーが衰えることにより起こります。 腎は水と関係が深く、腎水が枯れ肝の火が強くなり、熱が上昇します。 本来、頭寒足熱が人間にとって健康な状態ですが、熱が強くなり冷ませない状態や血行不良のために手足が冷えた状態にあると、余った熱が行き場を失い上昇し、上半身に様々な症状を引き起こすのです。 その結果、のぼせ・ほてり・頭痛・動機、不眠、イライラなどの原因になります。

更年期障害の主なツボ

三陰交 消化器のほか、女性疾患の特効穴。冷え少女、婦人科症状(月経不順、更年期障害など)を調節。
血海 婦人科の症状、血の滞りを良くするツボ。
陰陵泉 消化器の症状、婦人科の症状、膝の痛み。
太衝 頭痛、めまい、吐き気、目の充血、婦人科の症状、排尿問題。血の滞りを改善するのに有効なツボ。生理痛にも特に有効。
中封 腎の気が弱っているときに整えるツボとして使用します。
太谿 のどの痛み、耳鳴り、不眠、腰背中の痛み、頭痛、めまい。腎の症状に対して有効。
関元 泌尿、生殖器疾患、軟便、下痢に効果的。
石門 胃腸の症状、泌尿器の症状、生殖器の症状。
石門、関元、血海、陰陵泉 中封
三陰交、太谿
TOPへ戻る