東京都大田区の鍼灸・マッサージ・整骨・整体・カイロプラクティック | 大森駅前治療院

大森駅前治療院

  • お電話でのお問い合わせは
  • TEL03-3768-3033
  • 東京都品川区南大井3-33-2
  • サイトマップ

自律神経失調症

交感神経と副交感神経のバランスを整えましょう

自律神経失調症とは

自律神経失調症とは、自律神経がうまく働いていない状態です。 原因としては、体質的に自律神経系が不安定な人、ストレスや過労、不眠などで生活リズムが不規則な人、女性で性ホルモン周期が不規則になっている人などが上げられます。 自律神経とは、簡単に言うと、「何も考えなくても体を調節してくれる神経」のことです。食事をするときには胃腸などの消化器系を優位に働かせてくれたり、運動するときには、酸素をいっぱい取り込めるようにしたり、酸素を体中に運びやすくしてくれたりします。自律神経は交感神経(主に興奮状態に導く)と副交感神経(主にリラックス状態に導く)の2つからなり、全身を支配しています。

自律神経失調症の症状

自律神経治療治療イメージ

前述のように、自律神経は全身を支配して、身体を興奮状態やリラックス状態にするように働いています。ですからうまく機能しなかった場合(自律神経失調症)の症状は多岐にわたります。疲れやすい、めまい、ふらつき、頭痛、耳鳴り、不眠、肩こり、動悸、息切れ、ほてりや冷えなど症状は様々です。

自律神経失調症の鍼灸治療

自律神経治療治療イメージ

自律神経鍼灸治療は、交感神経と副交感神経のバランスが崩れた状態で、不眠・頭痛・めまい・吐き気・動悸・不安感など様々な症状がでます。また、自律神経は内臓、血管、ホルモンの分泌などすべての器官の働きを調整しているので消化器疾患、婦人科疾患、呼吸器疾患などどのような体の不調にも影響を及ぼします。
手と足に自律神経のバランスを整える電気刺激を与えていきます。微弱な刺激になりますので、痛みなどはほぼ感じません。

自律神経失調症の東洋医学的見解

自律神経失調症は症状が多岐にわたり、東洋医学的な見方も様々になります。それぞれの症状と合併することが多く、不定愁訴となりうることが多いのも特徴です。また、不眠や痛みが出ることにより身体機能が興奮し、交感神経亢進から症状が出ることが多いので様々な症状にみられます。

自律神経失調症治療の主なツボ

百会自律神経症状、頭痛、耳鳴、めまいなど。気が頭に上ることにより起こる頭痛には特に有効。
天柱頭痛や頭重感、めまい、不眠、目の充血、眼精疲労、鼻のつまり。またむくみの緩和に有効。腎、膀胱の疲れがあるときにコリが強くなる。
肩井肩、背中の痛み。不眠やストレスとのとき張ってくる場所。肩こりの特効穴で頭痛、五十肩、血圧安定に有効。
大椎発熱、かぜの症状、背中のこりなど。熱の気の調節を行うツボ。
膈兪胃腸の症状、背中の痛み。
肝兪目の充血、眼精疲労、めまい、イライラ、飲み過ぎ。
腎兪腰足の重さ、腰痛、泌尿器の症状、むくみ、耳の症状、足の冷え。
大腸兪腹部の症状、腰痛。
次髎(じりょう)腰痛、生殖器の症状、泌尿器の症状。
委中腰足の痛み、ギックリ腰の時にも有効です。足のむくみ、背骨の際、頭部の痛みやこりにも有効。
崑崙(こんろん)頭痛、首の痛み、肩背中の引きつれ、腰痛、足首の痛み、膀胱経の症状がでやすい。足の疲れやむくみ、下痢にも有用。
中脘消化器症状、自律神経症状など。(食物からの元気を補う)
天枢腹部の症状、むくみ。
気海消化不良、便秘、下痢、生殖器症状など。下腹部の状態を整える作用と腎の気を補う作用がある。
血海婦人科の症状、血の滞りを良くするツボ。
三陰交消化器のほか、女性疾患の特効穴。冷え少女、婦人科症状(月経不順、更年期障害など)を調節。
足三里胃腸の症状、めまい、むくみ。疲労回復に有効。
手三里胃腸、上肢、目の症状、テニス肘。肩こり、寝違えを和らげる。鼻炎や蓄膿症などの鼻症状、皮膚症状、便秘の緩和。
合谷顔の症状、目の症状、全身の気を調節するときも使用します。他に貧血を回復させる返し鍼に使われる。
中かん、天枢、気海、血海、足三里、三陰交百会、天柱、大椎、肩井、肺兪、隔兪、肝兪、腎兪、大腸兪、次りょう、委中、崑崙
TOPへ戻る