東京都大田区の鍼灸・マッサージ・整骨・整体・カイロプラクティック | 大森駅前治療院

大森駅前治療院

  • お電話でのお問い合わせは
  • TEL03-3768-3033
  • 東京都品川区南大井3-33-2
  • サイトマップ

むくみ(浮腫)

むくみは体質を改善させれば、なくなります

むくみ(浮腫)とは

月経困難症(生理痛)治療イメージ

手足や顔などの身体の末端の水分が多くなって腫れる症状のことです。 毛細血管から出た水分は細胞間質液として周囲の組織を栄養し潤した後、 細胞間質液は血管やリンパ管に吸収されて心臓に戻っていきます。 その時に、細胞から出た老廃物も除去されて、細胞は常に栄養のある新鮮な液体で満たされています。 その細胞間質液が多くなった状態が、むくみ(浮腫)です。

原因

病的なむくみ(浮腫)は、心臓、肝臓、腎臓の病気から血管、リンパ管の循環障害されるのが原因です。 しかし、一般的な浮腫は身体を動かさないことによって、水分も動かず末端に滞ります。 特に重力に逆らって心臓に戻らなければならない足は、むくみやすい場所になります。 むくみ(浮腫)が慢性的になると、浮腫部の血流循環が悪くなり、老廃物も溜まり冷えやすくなります。 また、静脈弁に負担がかかり、弁が壊れて静脈瘤の原因になります。 病気から起こる浮腫にも気付きにくくなるので、ケアが重要になります。

むくみ(浮腫)の鍼灸治療

むくみ(浮腫)治療は変化が早く、患部周囲のツボに鍼を刺すことによって、すぐにむくみ(浮腫)が緩和されます。 しかし、長い間むくみやすかった方は、施術しても徐々に戻ってしまうので、全身の気のバランスを整える治療が必要になります。 そこで、むくみ(浮腫)と関わる臓器、脾、肺、腎の気に関わるツボや水に関わるツボを使用します。 また、冷えが強い方には、冷え症治療を合わせて行うことによって、効果が上がります。

むくみ(浮腫)の『マッサージ治療』についても、あわせてご覧ください。

むくみの主なツボ

太谿
復溜
経渠
三陰交 消化器のほか、女性疾患の特効穴。冷え症状、婦人科症状(月経不順、更年期障害など)を調節。
陰陵泉
委中
水分
承山
三陰交 水分
TOPへ戻る