東京都大田区の鍼灸・マッサージ・整骨・整体・カイロプラクティック | 大森駅前治療院

大森駅前治療院

  • お電話でのお問い合わせは
  • TEL03-3768-3033
  • 東京都品川区南大井3-33-2
  • サイトマップ

多発性硬化症(MS)

症状が安定している時間の延長と維持を目指します

多発性硬化症(MS)とは

中枢神経系の脱髄疾患で脳と脊髄の主に白質に多発する脱髄(神経細胞からでる軸索を包む髄鞘の変性)と、グリア細胞の増殖による硬化を生じます。視力低下や運動感覚麻痺、小脳性運動失調症、精神症状など多彩な症状を呈し、寛解と再発を繰り返します。寛解の時間を長くし、維持することを当院では目標としております。 頻度はわが国では10万人に対して2~4人と少なく、発症年齢は15~50歳でやや女性に多いです。

原因
ウイルス感染や中枢神経髄鞘に対する自己免疫疾患の関連性など
誘因
過労、精神的ストレス、感染や外傷、妊娠など
温熱で症状が増悪するので注意が必要

多発性硬化症(MS)の臨床症状

初発症状
視力低下、歩行障害、感覚異常、運動麻痺、複視、構音障害などが多い。
経過中にみられる神経徴候
視力障害、視神経萎縮、眼振、外眼筋麻痺、運動麻痺、運動失調、感覚障害、深部腱反射亢進、病的反射、膀胱直腸障害、構音障害、知能障害、嚥下障害、痙攣など
特徴的症状
内側縦束(MLF)症候群、レールミッテ徴候

多発性硬化症(MS)の薬物治療

急性増悪期における副腎皮質ステロイドの投与で症状の早期改善が認められます。

多発性硬化症(MS)の治療

鍼灸治療ではそれぞれ発症してくる症状を診ながら治療を加えます。全身治療を基本として自律神経を調節し、目に症状が発症したら眼窩鍼を施します。

TOPへ戻る