東京都大田区の鍼灸・マッサージ・整骨・整体・カイロプラクティック | 大森駅前治療院

大森駅前治療院

  • お電話でのお問い合わせは
  • TEL03-3768-3033
  • 東京都大田区大森北1-1-6イソーラ大森1F
  • サイトマップ

坐骨神経痛の症状・鍼灸治療について

腰やおしり、脚裏の痛み・しびれは鍼で軽減できます

坐骨神経痛の鍼灸治療

坐骨神経痛イメージ
坐骨神経痛イメージ

坐骨神経自体に鍼をさす(症状により通電)ことにより鎮痛し、神経自体の血流状態も改善が見込めます。
また、神経を圧迫している原因と考えられる梨状筋、中殿筋などの筋肉の緊張を緩めます。原因がヘルニアによるものであれば付近の腰の筋肉、脊柱起立筋にも刺鍼します。これによりヘルニア自体が縮小することもあります。痛みの原因にもなる冷えや疲労、ストレスを取り除くために全身への治療も行います。

坐骨神経痛の鍼灸治療のながれ

  1. 時間をかけてきちんと問診・検査をします。

    鍼治療問診

    痛む場所(患部)の確認から始まり、整形外科的テスト(SLRテスト、ボンネットテスト etc.)や可動域テストなどを行い、施術部位を特定します。

  2. 坐骨神経にアプローチ

    坐骨神経自体に鍼をさす(症状により通電)ことにより神経の興奮を抑え、鎮痛させます。

  3. 神経の根本の腰にも治療を加えていきます。

    坐骨神経痛

    坐骨神経痛がでいる方の多くは腰の筋肉の緊張が強くあります。腰痛も坐骨神経痛の悪化を促しますのでしっかりアプローチすることが大切です。

  4. 筋肉が固まっている部分にはストレッチをかけて緩めます。

    腰の痛みへのマッサージ施術

    ストレッチや筋力トレーニングを加えるなどより入念に施術をしていきます。

料金のご案内

坐骨神経中心治療4,752円(鍼代含む)初診問診料 別途1,620円
局所を重点的に治療します。
全身血流改善治療7,020円(鍼代含む)初診問診料 別途1,620円
冷えや疲労、ストレスのある方には全身治療をオススメします。

坐骨神経痛にはマッサージも効果的

坐骨神経痛

坐骨神経痛の『マッサージ治療』についても、あわせてご覧ください。

坐骨神経痛とは

坐骨神経の走行に沿って殿部や下肢に痛みや痺れが出る疾患です。

坐骨神経痛の特徴

原因は椎間板のヘルニアであることが多く、片側に症状が出ることがほとんどです。腫瘍や糖尿病によるものは両側性に発症します。両側性に発生している場合は病院の受診をオススメします。坐骨神経痛の痛みは持続的で、腰椎にストレスのかかる運動や坐骨神経が伸ばされるような運動をすると症状が強くでます。症状がひどくなると、神経に沿って感覚鈍麻や筋力低下があらわれることもあります。

坐骨神経痛の東洋医学的見解

坐骨神経痛

「腎虚」が関係しています。東洋医学では骨の老化現象は、腎(じん)の弱りと考え、腎虚(じんきょ)といいます。腎虚になると腰痛になりやすいとされています。
また坐骨神経痛を痺(ひ)証と呼びます。「痺(ひ)」とはつまって通じないと言う意味で、血流の妨げ・気の妨げが痛みの原因とされています。寒さや湿気、ストレス等も痺を起こす原因となります。

TOPへ戻る